CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

m6A:細胞に秘められた遺伝子調節シグナル

詳細を読む
投稿一覧

m6A:細胞に秘められた遺伝子調節シグナル

細胞は、正常な発達と機能を守るために高度な調節機構を築き上げてきました。詳細な研究により、細胞内イベントの調節が遺伝子の転写レベルで解明されつつありますが、RNAの化学的修飾などの遺伝子調節については、未だ多くの謎が残されています。

N6-メチルアデノシン (m6A) は、真核生物で最も多く観察されるmRNA修飾です。3つの主要な構成因子 (ライターやリーダー、イレイサー) が連携して、mRNAのm6A修飾を調節します。METTL3-METTL14メチルトランスフェラーゼと、アダプタータンパク質であるWTAPで構成されるm6Aライター複合体は、合成中のmRNA転写産物に含まれるアデノシンのN6位をメチル化します。ヒストンのエピジェネティックな修飾と同様に、m6Aのメチル化は可逆的なプロセスであり、ALKBH5やFTOなどのm6Aイレイサータンパク質が、アデノシンからメチル基を除去します。m6Aのメチル化と脱メチル化は、細胞の状態や、幹細胞の分化または母性-胚性転移の間に生じる細胞外シグナルだけでなく、熱ショックや酸化ストレスによって動的に調節されます。

m6A修飾はどのような影響をもたらすのでしょうか?m6Aそのものは、電荷や大きな化学基を持たないため正常なmRNAの構造に顕著な影響を与えません。m6Aリーダーが、最終的にRNA代謝酵素の会合を惹起し、mRNAの運命を決定します。例えば、m6Aのリーダータンパク質であるYTHDF2は、CCR4-NOT脱アデニル化酵素複合体を動員し、m6A修飾されたmRNAの分解を誘導します。

m6A依存性のmRNAの分解は、細胞が特定の転写産物を短時間で除去する必要がある場合に、特に役立ちます。例えば、細胞分化の際には自己複製能を停止し分化因子の発現を開始するため、NANOGなどの多能性遺伝子の転写物を素早く分解する必要があります。では、どのようにして特定の転写産物にm6Aマークを付加し、分化の際にそれらを除去しているのでしょうか?その方法として、細胞が多能性遺伝子の転写を誘導するシグナル伝達経路を利用していることが判明しました。TGF-βシグナル伝達が活性化されると、SMAD2/3転写因子がリン酸化され、多能性遺伝子の発現が誘導されます。これまで、科学者たちは主にSMAD2/3依存性の転写に焦点を当てて研究していました。しかし、細胞は新しく合成された多能性遺伝子の転写産物にm6A修飾するために行うm6Aのライターの動員にも、リン酸化されたSMAD2/3を利用します。これにより、合成と同時に、分化の際に行われるmRNA分解の準備ができます。実に賢い仕組みだと思いませんか?


この、秘められたシグナルであるm6A依存性遺伝子調節プログラムを利用するその他のシグナル伝達経路の詳細は、カリフォルニア大学アーバイン校のGina Leeの研究室の最新の総説M6A in the Signal Transduction Networkをご覧ください。

また、Cell Signaling Technologyのウェブサイトに、RNA修飾やシグナル伝達による遺伝子調節のメカニズムの探索に役立つツールもご用意しています。

22-EMG-64050 dr lee blog

 

 

Gina Lee, PhD
Gina Lee, PhD
Gina Leeは、カリフォルニア大学アーバイン校およびチャオファミリー総合がんセンターで、微生物学および分子遺伝学の助教を務めています。韓国のKAISTで学位を取得し、ハーバード・メディカル・スクールとコーネル大学でポスドク研究員を務めた際、John Blenis博士とLewis Cantley博士と一緒に研究しました。彼女の研究室では、ヒトのがんにおいてRNA生合成と化学修飾を調節するシグナル伝達経路と代謝経路を研究しています。

関連する投稿

CSTの科学者が語る、2023年に注目すべきバイオファーマの動向

技術革新により、自然界や、様々な疾患の根本的な原因をより深く理解することが...
Alexandra Foley2023年1月18日

SfN 2022:神経変性研究の成果と課題 ー 新たなツールやモデル、技術

COVID-19の流行による中止やオンライン開催が続いた3年間を経て、11月にサンディエゴで開催された...
Richard Cho, PhD2023年1月6日

環境スチュワードシップと1% for the Planetが推進するCSTの世界各地への寄付活動

Cell Signaling Technology (CST) は長年にわたり、持続可能性と企業の社会的責任の重要性を...
Krystyna Hincman2022年12月14日
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink