事例研究:アセチル化リジンとクローン病への影響


投稿者: Charles F and Josh N、投稿日時:2020 年 12月 16 日 午前 3:00:00

このほど、クローン病 (CD) を患う小児患者の複雑な腸内細菌叢を解き明かし始める、オタワ大学Daniel Figeys研究室新しい研究Nature Communicationsに発表されました。これは炎症性腸疾患 (IBD) の1種で、消化管に炎症を引き起こし、腹痛、激しい下痢、疲労、体重減少、栄養失調などの症状を引き起こします。{{section:9 start}}

続きを読む >

Topics: 翻訳後修飾 (PTM)プロテオミクス

2種の染色のお話:Ponceau SとCoomassie Blue


投稿者: Caroline J and Misbah K、投稿日時:2020 年 12月 09 日 午前 3:00:00

あなたは今、細胞ライセートのサンプルのSDS-PAGEを終えました。これでタンパク質は分子量に応じて分離されたので、あとはメンブレンに転写してウェスタンブロットで検出するだけです。本当にそうでしょうか?

続きを読む >

Topics: 関連試薬techniquesTech Tips

アルツハイマー病のバイオマーカーTauを追跡する Part 1


投稿者: Antonio V and Lei L、投稿日時:2020 年 12月 02 日 午前 9:30:00

認知症は多くの人にとって避けられない負担であり、神経変性疾患としての側面と加齢による自然なプロセスとしての側面があります。アルツハイマー病 (AD) は、代表的な進行性の認知症であり、時間の経過とともに症状が進行していきます。現在のところ、ADの治療や予防、進行を遅らせるための有効な手段は見つかっていません。

続きを読む >

Topics: アルツハイマー病

B細胞の基本:  疾患研究者が知っておくべきこと


投稿者: Tamar A.、投稿日時:2020 年 11月 18 日 午前 3:15:00

B細胞受容体 (BCR) 下流の細胞内シグナル伝達ネットワークの活性変化は、B細胞の形質の変化の原因となります。このプロセスと、B細胞の可塑性に関する知識は、B細胞がどのように免疫応答を調節するかを理解するために不可欠です。

続きを読む >

Topics: 免疫学

T細胞の基本:疾患研究者が知っておくべきこと


投稿者: Tamar A.、投稿日時:2020 年 11月 11 日 午前 3:00:00

T細胞は高度に専門化されたリンパ球で、適応免疫応答の細胞性免疫において重要な役割を果たします。ヒトの体は、T細胞なしではウイルス感染をうまく撃退したり、組織から前がん性細胞を排除することができません。

続きを読む >

Topics: 免疫学

COVID-19と線維症:急性呼吸器症状の後にも持続する長期的損傷


投稿者: Tony W、投稿日時:2020 年 11月 04 日 午前 3:00:00

執筆時点で、COVID-19のの原因となるSARS-CoV-2ウイルスは、全世界で世界中で2800万人以上に感染しており、約100万人の死者を出しています (情報元:ジョンズ・ホプキンス・コロナウイルスリソースセンター)。SARS-CoV-2感染の特筆すべき側面の1つに、患者で報告されている症状の多様性があります [Kwon, 2020]。

続きを読む >

Topics: 免疫学

ウイルス感染におけるオートファジーと小胞体ストレスの役割


投稿者: Gary K.、投稿日時:2020 年 10月 28 日 午前 3:00:00

ウイルス感染におけるオートファジーと小胞体ストレスの役割

ウイルス感染時の小胞体ストレスとオートファジーの制御は、ウイルスと宿主の生存のバランスを保つための重要なファクターです。このシリーズでは、ウイルスやウイルス由来のタンパク質への細胞応答に関与するパスウェイを概説します。コロナウイルスSARS-CoVや SARS-CoV-2の感染は、肺胞や気管支上皮細胞の広範な損傷を伴う重篤な肺の障害や、肺外の損傷の原因となります。

続きを読む >

Topics: 細胞生物学

ウイルス感染における細胞死の役割


投稿者: Gary K.、投稿日時:2020 年 10月 21 日 午前 3:15:00

ウイルス感染における細胞死の役割

ウイルス感染時の細胞死の制御は、ウイルスと宿主の生存のバランスを保つための重要なファクターです。このシリーズでは、ウイルスやウイルス由来のタンパク質への細胞応答に関与するパスウェイを概説します。コロナウイルスSARS-CoVや SARS-CoV-2の感染は、肺胞や気管支上皮細胞の広範な損傷を伴う重篤な肺の障害や、肺外の損傷の原因となります。

続きを読む >

Topics: 細胞生物学

細胞プロセス:細胞老化の検出に使用できるマーカー


投稿者: Tamar A.、投稿日時:2020 年 10月 14 日 午前 3:00:00

細胞老化は、細胞が永続的に増殖を停止した状態で、様々な環境因子 (電離放射線、化学療法薬、酸化ストレス、DNA損傷、ミトコンドリアの機能障害、がん遺伝子の活性化など) によって引き起こされます。細胞老化は正常な発生プロセスや創傷治癒の段階、加齢および加齢関連疾患の結果として起こります。したがって、細胞老化がこれらのプロセスにどのように関与するかを明らかにすることで、細胞老化の促進や抑制を利用した疾患の治療法が開発できる可能性があります。

続きを読む >

Topics: 細胞生物学

細胞プロセス:疾患における細胞老化の役割


投稿者: Tamar A.、投稿日時:2020 年 10月 07 日 午前 3:00:00

細胞老化は、細胞が増殖を止め、細胞周期を不可逆的に停止する現象です。これは発生や組織のリモデリングの正常なプロセスとして起こりますが、加齢に伴う一般的な組織機能の低下や、多くの疾患にも関与しています。このような疾患に、がん、アテローム性動脈硬化、神経変性などが挙げられます。したがって、老化細胞が病態にどのように関与しているのかを明らかにし、これを除去する方法を開発することで、多くのヒトの疾患の治療に繋がる可能性があります。

続きを読む >

Topics: 細胞生物学

ブログ更新通知のご登録

最近の投稿

Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink