CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

Gary K.

最近の投稿:

ERファジーにおける新しい発見

オートファジーは、細胞質成分を二重膜のオートファゴソームに取り込み、リソソームに輸送して廃棄する...
Gary K. 2021 年 11月 03 日 午前 3:00:00

ゼノファジー:食べたもので傷つくことはありません

ゼノファジーは、細菌やウイルス等の外来病原体を分解のターゲットとすることで、外来病原体に対する重要な防衛を提供...
Gary K. 2021 年 9月 15 日 午前 3:00:00

マイトファジーを理解する

ミトコンドリアの健康は、複雑で慎重に制御されたプロセスであり、ミトコンドリアの機能を決定する経路が含まれています…
Gary K. 2021 年 8月 11 日 午前 3:00:00

オートファジー:細胞廃棄物の除去が持つ広範囲な治療への影響

1963年に生化学者であるChristian de Duveが名付けた「オートファジー」という用語は、「自食する」という意味の...
Gary K. 2021 年 6月 16 日 午前 3:00:00

細胞死のメカニズム:フェロトーシス

フェロトーシスは、近年報告されたプログラムされた細胞死の一形態であり、形態的、生化学的に明確な特徴が...
Gary K. 2021 年 6月 02 日 午前 3:00:00

ウイルス感染におけるオートファジーと小胞体ストレスの役割

ウイルス感染時の小胞体ストレスとオートファジーの制御は、ウイルスと宿主の生存のバランスを保つための...
Gary K. 2020 年 10月 28 日 午前 3:00:00

ウイルス感染における細胞死の役割

ウイルス感染時の細胞死の制御は、ウイルスと宿主の生存のバランスを保つための重要な...
Gary K. 2020 年 10月 21 日 午前 3:15:00

ネクロプトーシスとパイロトーシスの研究で深まるアポトーシスによる細胞死の理解

ここ50年間、細胞死に貢献するプロセスが実験により実証されてきました...
Gary K. 2019 年 3月 13 日 午前 3:05:00

    関連する投稿

    Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink