CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

投稿一覧

細胞の分類とタンパク質の局在を同定するツール

細胞の分類とタンパク質の局在の2つは、実際には異なる問題で、異なるアプリケーションを利用して解決します。

細胞の分類では、特定のマーカーを利用して不均一な集団の中から特定のタイプの細胞を識別します。例えば、ミクログリア細胞が損傷したニューロンを除去するメカニズムを解明したい場合、Iba1CD11bTMEM199などのマーカーを用いてサンプルがミクログリア細胞だけで構成されていることを確認することができます。こうすることで、サンプルに他のタイプの脳細胞が混入してデータに偏りが生じる危険性を抑えることができます。同様に、幹細胞を用いて分化経路の解析をしたい場合、SoxOct4 Nanogなどの幹細胞マーカーの発現を調べることで、サンプルに予期しない分化が起こっていないことを定期的に確認することができます。細胞の分類を行うことで、誤った細胞を用いたり、クロスコンタミネーションが起こった細胞で実験することを防ぐことができます。

 

混合サンプル中の細胞はどのように分類したら良いしょうか?フローサイトメトリーは単一細胞レベルのデータが得られるので、この目的に最適なアプリケーションです。細胞内や細胞表面に存在するマーカーを利用して細胞を分類します。これらの抗体は、細胞を単独で染色することも、マルチプレックスパネルに組み込んで多重染色に使用することもできますが、様々なサンプル調製法に対する標識抗体の適合性を理解する必要があります。多重染色する場合は、異なる蛍光色素で標識した、目的の細胞マーカーに特異的な一次抗体を用います。細胞を染色した後、FACS (Fluorescence activated cell sorting) を用いて生細胞からマーカープロファイルに基づいて細胞集団を選別し、その後の実験に使用する、精製された均一な細胞集団を分離することができます。CSTの免疫細胞マーカーガイド (ヒト)免疫細胞マーカーガイド (マウス)神経細胞マーカーとグリア細胞マーカー経路幹細胞&分化系列マーカーのパスウェイ図を参考に細胞の分類を始めてみてください!

 

これに対してタンパク質の局在では、ある時、あるタンパク質が細胞や組織内のどこに存在しているかを調べます。STATファミリーのように活性化すると核に移行するタンパク質の場合は、ある条件における活性/不活性の状態をタンパク質の局在から知ることができます。免疫蛍光染色 (IF) や免疫組織化学染色 (IHC) は、タンパク質がどの細胞内区画に局在するかを正確に可視化できるので、この種の実験に最もよく利用されるアプリケーションです。目的のタンパク質に特異的な抗体と、細胞内区画に特異的な抗体や色素を組み合わせて使用することで、ある時にタンパク質が細胞内のどこに存在するのかを正確に知ることができます。

 

細胞の種類によって目的のタンパク質が異なる細胞内区画に存在する可能性があり、タンパク質の局在を調べる前に細胞を分類する必要がある場合はどうしたら良いでしょうか?このような場合の1つの方法として、必要な処理をした細胞から適切なマーカーを利用してフローサイトメトリー (FACS) で特定のタイプの細胞を収集し、それをIHCやIFでフォローアップして、目的の細胞集団で目的のタンパク質がどこに局在しているかを調べることができます。

関連する投稿

膵臓がん:がん微小環境 (TME) における新たなドライバーの標的化

  膵臓がんは治療が難しく、早期診断が困難ながんです。膵臓は身体の奥深くにあるため…
Andrea T 2022 年 4月 27 日 午前 3:00:00

CSTは1% for the Planetに参加しています

弊社の設立者でありCEOを務めるMichael Combは、研究用抗体の製造事業を始めるずっと前から、自然を愛し...
Chris S 2022 年 4月 19 日 午前 3:00:00

フローサイトメトリー実験における蛍光色素の組み合わせ

フローサイトメトリーでは、細胞ごとに複数の項目を検出して定量することができ、調査対象の実験系で多次元的な...
Rob M 2022 年 4月 13 日 午前 3:00:00
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink