CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

投稿一覧

細胞死のメカニズム:パイロトーシス

ネクローシス性細胞死による細胞破壊のプロセスには、よく知られているものと、近年見つかったものがあります。古典的な考え方と異なり、ネクローシス性細胞死の性質は、必ずしも物理的で偶発的なものではありません。細胞がストレスを受け、特定の方法で細胞死を実行できない場合、他のプログラムされた細胞破壊経路を活性化することがあります。

20-CEP-94379 パイロトーシス

パイロトーシス

パイロトーシスは、病原体関連分子パターン (PAMPs: Pathogen-Associated Molecular Patterns) またはダメージ関連分子パターン (DAMPs: Damage-Associated Molecular Patterns) の存在下で、細菌、ウイルス、真菌、原生生物の細胞内感染時に誘導されるプログラムされたネクローシス性細胞死の一種です。これは通常、単球、マクロファーおよび樹状細胞などの自然免疫系の細胞で誘導されます。パイロトーシスは、しばしば病原への感染により引き起こされ得る細胞死の主要な様式であり、ネクロトーシスのような他のタイプの細胞死は、カスパーゼ酵素が利用できないときに、二次的なプロセスとして生じると考えられています。パイロトーシスを受ける細胞には、細胞の膨潤、膜のブレブ形成、DNAの断片化といった形態学的な特徴がみられ、最終的に細胞が溶解します。しかし、核はしばしば無傷のまま残り、これが核の崩壊が起こるアポトーシスやネクロプトーシスとは異なります。

パイロトーシスの特徴はGasdermin D (GSDMD) のN末端の切断で、この結果GSDMDが多量体化して細胞膜に溶解孔を形成します。この切断プロセスは、アポトーシスで活性化するカスパーゼとは別の、炎症性カスパーゼであるCaspase 14511に依存します。したがって、GSDMDとその関連ファミリーメンバーの切断や、炎症性カスパーゼをモニターすることがパイロトーシスを研究する上で重要です。

炎症性カスパーゼは、pro-ILβやpro-IL18のような炎症性サイトカインのプロセシングや分泌に関与しており、自然免疫系や細菌感染に対する免疫細胞の応答に重要な役割を果たします。

古典的経路

パイロトーシスの古典的経路は、しばしば、2段階のプロセスで起こると言われています。はじめのプライミングシグナルのステップでは、NF-κBが活性化され、インフラマソームと呼ばれる複合体の一部となるいくつかのタンパク質の発現が誘導されます。インフラマソームは通常、細胞質のパターン認識受容体 (PRR: Pattern Recognition Receptor、NLRP3や、AIM2様ファミリーメンバーなど)、アダプタータンパク質 (ASC/TMS1)、Pro-caspase-1から構成されています。NLRP3の検出やASCのスペックリングの可視化によって、インフラマソームの活性化を解析することが、パイロトーシスをモニタリングするためのもう一つの有用な方法です。

続く活性化のステップでは、Caspase-1がタンパク質分解で活性化された後、サイトカインであるpro-IL1βやpro-IL18を切断します。これによって炎症促進型のIL1βIL18が産生され、死にゆく細胞から分泌されます。特異的な抗体を用いて、これらの重要なサイトカインの存在を可視化することができます。Caspase-1はGasdermin D (GSDMD) も切断する点も重要です。GSDMDはCaspase-1によって切断されると、N-末端フラグメントが多量体化して細胞膜に小孔を形成します。これによってサイトカインが分泌され、水が流入することで最終的には細胞が破裂します。

非古典的経路

これに対し、グラム陰性菌のLPSが細胞内で検出されると、Caspase 4や5、あるいはCaspase 11 (マウスの場合) が活性化され、GSDMDが切断されることにより非古典的経路でパイロトーシスが誘導されることもあります。GSDMDは古典的経路と非古典的経路の両方で切断されるため、GSDMDの切断と細胞内局在の変化をモニターすることがパイロトーシスの特定には重要です。

疾患研究におけるパイロトーシス

パイロトーシスのメカニズムの研究は、がん、自己免疫疾患、神経変性疾患などの治療に応用できる可能性があります。オメガ3脂肪酸が、トリプルネガティブ乳がん (エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、HERの全てが陰性で、ホルモン療法や抗HER療法の効果が期待できない乳がん) のパイロトーシスを誘導するという研究結果が得られていますが、そのメカニズムは現在はっきりしていません。炎症性大腸疾患では、インフラマソームの活性化とカスパーゼの誘導がみられ、パイロトーシスが病態に寄与することが示唆されています。このメカニズムを明らかにして新規治療法の開発につなげることが期待されています、

様々なタイプの細胞死に関与するメカニズム、形態、主要なタンパク質についての詳細は、研究者向けガイド 細胞死のメカニズムをご覧ください

アポトーシスの詳細はこちら

20-CEP-94379 Guide to Mechanism of Cell Death

参考文献

Galluzzi, L. et al. (2018) Cell Death & Differentiation 25, 486–541.

Frank, D. and Vince, J. Cell Death & Differentiation (2019) 26, 99–114.

Escobar, M. L., Echeverría, O. M., and Vázquez-Nin, G. H. (Dec 16th, 2015)

Intechopen.com

関連する投稿

ニューロンのマーカーとグリア細胞のマーカーの役割

中枢神経系 (CNS) は高度に特殊化された細胞で構成されており、それぞれが感覚および運動入力の処理において重要な役割を...
Chris S 2021 年 4月 14 日 午前 3:00:00

細胞死のメカニズム:パイロトーシス

ネクローシス性細胞死による細胞破壊のプロセスには、よく知られているものと、近年見つかった...
Gary K. 2021 年 4月 07 日 午前 3:00:00

COVID-19の感染拡大:科学と常識の重要性

たとえ科学の最先端を行く企業であったとしても、当社社員をはじめ世界中の多くの人々が
Chris S 2021 年 3月 31 日 午前 3:00:00
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink