CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

Tech Tipsビデオ:ChIPにどれくらいの量の抗体を使用すべきですか?

詳細を読む
投稿一覧

CST Tech Tipsプレイリストに加わった新しいビデオをチェックしてください!今回のTech Tipsでは、当社のChIPチームに対してお客様がよく尋ねられる、プロトコールに関する次の質問を取り上げます:クロマチン免疫沈降 (ChIP) ではどのぐらいの量の抗体を使用すべきですか?抗体の量が多ければ多いほど必ずしも良いとはかぎりません。このビデオでその理由を知ることができます。 

上に埋め込まれたビデオが見えませんか?下のリンクをクリックして再生してください: 

ChIPアッセイではどのぐらいの量の抗体を使うべきですか? | CST Tech Tips
 

他にも研究にお役立て頂けるビデオがありますので、CSTのYouTubeチャンネルへのご登録をお忘れなく!

 登録する

字幕:

ChIPアッセイではどのぐらいの量の抗体を使うべきですか?Cell Signaling TechnologyChIPグループ上級研究員のFang Chenです。CST Tech Tipsをお届けします。

ChIPアッセイに用いる最適な抗体量は、個々の抗体の親和性、感度、特異性によって異なります。抗体量は多いほど良いとは限りません。

このタイトレーションのデータから分かるように、抗体量は多過ぎても少な過ぎてもChIPシグナルが減少します。ほとんどのChIP検証済み抗体の場合は、0.5-2 µg使用することで最適なS/N比が得られます。

18-CHP26237-data
CSTの社内検証では、当社ChIPチームの研究者が10 µgのクロマチンを用いたIPでタイトレーション実験を行い、抗体の最適希釈率を決定して皆様にこの情報を提供しています。

IPの容量と抗体量の比を守るより、クロマチンの質量と抗体量の比を守ることが重要です。例えば、CSTは1回のIPにつき、10 µgのクロマチンDNAを用いることを推奨していますが、10 µg未満のクロマチンDNAを用いる場合は、使用する抗体量も比例的に減らしてください。

CSTが推奨する各IPの容量は500 µLです。より大きな容量で等量のDNAをIPする場合、抗体量を追加する必要はありませんが、より長時間にわたってインキュベーションすれば、反応濃度の低さがある程度相殺される可能性はあります。

IgGなどのコントロール抗体の場合は、公平な比較ができるよう試験する抗体と同等の量を使用してください。

ご視聴ありがとうございました。Cellsignal.comの各抗体の製品ページで、全てのアプリケーションの完全なプロトコールをご確認いただけます。

抗体やプロトコールに関するご質問がある場合は、cellsignal.com/supportからお気軽にお問い合わせください。

新しいTech Tipsビデオへのご登録をお忘れなく!そしてまたお会いしましょう。

実験の成功をお祈りします!

Kenneth Buck, PhD
Kenneth Buck, PhD
細胞生物学を学んだKenは、ラトガース大学で博士号を取得し、その後イェール大学でポスドク研究を行い、再生する神経細胞の細胞運動性に関与する細胞骨格の動態とシグナル伝達機構について学びました。CSTでは、他の科学者と協働してマルチメディアによる科学コミュニケーションを構築しています。ビデオのスクリプトを書いているときや、スタジオにいるとき以外は、Kenの庭ともいえる岩でごつごつしたマサチューセッツ州ノースショアで、同僚と共にマウンテンバイクを乗り回しています。

関連する投稿

​第4回前途有望な黒人科学者の受賞者の発表

毎年開催している、前途有望な黒人科学者を表彰する第4回エッセイコンテストの受賞者を...
Reaiah Johnson2024年2月15日

CUT&Tag DNAライブラリーの収量:Agilent BioanalyzerまたはTapeStationシステムでの検出に足りない場合

ChIP-SeqやCUT&RUN、最新の手法であるCUT&Tagなどを用いたクロマチンのプロファイリングは...
Andrea Tu, PhD2024年2月5日

完璧なエレベーターピッチで自分を紹介する方法

人脈作りや自己PRは、科学者のキャリアにとって不可欠なものですが、多くの人が難しいと...
Alexandra Foley2023年12月20日
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink