CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

COVID-19の感染拡大:科学と常識の重要性

先端科学を担う弊社社員をはじめ、世界中の多くの人々が、COVID-19やワクチンについて疑問を抱いています。そこで...
Chris S 2021 年 3月 31 日 午前 3:00:00

TIGITを標的とした免疫療法とT細胞の疲弊

固形がんの治療法は歴史的に、外科手術、化学療法または放射線治療、その他がんに特異的な...
Tamar A. 2021 年 2月 17 日 午前 3:00:00

B細胞の基本:  疾患研究者が知っておくべきこと

B細胞受容体 (BCR) 下流の細胞内シグナル伝達ネットワークの活性変化は、B細胞の形質の変化の...
Tamar A. 2020 年 11月 18 日 午前 3:15:00

T細胞の基本:疾患研究者が知っておくべきこと

T細胞は高度に専門化されたリンパ球で、適応免疫応答の細胞性免疫において重要な...
Tamar A. 2020 年 11月 11 日 午前 3:00:00

COVID-19と線維症:急性呼吸器症状の後にも持続する長期的損傷

執筆時点で、COVID-19の原因となるSARS-CoV-2ウイルスは、世界中で2800万人以上に感染しており、約100万人の死者を出しています...
Tony W 2020 年 11月 04 日 午前 3:00:00

組換えタンパク質は新型コロナウイルスSARS-CoV-2の研究にどのように役立つのでしょうか?

コロナウイルスは長期間に渡りヒトの集団全体に蔓延し続けてきましたが、その研究は、ヒトの健康に大きな影響を及ぼす...
Tamar A. 2020 年 8月 05 日 午前 3:15:00

免疫学:適応免疫系はどのように機能するか?

ヒトはある疾患に対する免疫をどのように発達させるのか、考えたことはありますか?この重要な質問は...
April L 2020 年 7月 29 日 午前 3:00:00

パイプラインを保護する:抗体の供給状況によって進歩を邪魔させない

コロナ禍では、多くの人が供給不足問題に遭遇しました。ウェブカメラからトイレットペーパーまで...
Josh N 2020 年 6月 17 日 午前 3:00:00

免疫学:Toll様受容体とは何ですか?どのように腫瘍耐性を引き起こしますか?

Toll様受容体 (TLR) は、自然免疫応答に重要な役割を果たす膜貫通...
Tamar A. 2020 年 6月 10 日 午前 3:00:00

免疫学:がんを攻撃するようにT細胞を再トレーニングする

ヒトの免疫システムは、有害な外来性の病原体から私たちを包括的に保護する一連の独創的な細胞成分および...
Tamar A. 2020 年 6月 03 日 午前 3:00:00

免疫学:骨髄系細胞系譜の細胞とその同定

ヒトの造血において、骨髄系細胞系譜の細胞は骨髄の骨髄系共通前駆細胞 (CMP) に...
Tamar A. 2020 年 5月 27 日 午前 3:00:00

免疫学:自然免疫システムはどのように機能するのでしょうか?

以前のブログ投稿でも触れたように、自然免疫は私たちの体の免疫防御の重要な一部であり、微生物や...
April L 2020 年 2月 12 日 午前 3:15:00

免疫学の概要:免疫系が体を守る仕組み

科学者や医療の専門家は、何が疾患の原因になるのか、私たちの体はどのようにして疾患に応答するのかを...
April L 2020 年 1月 08 日 午前 3:15:00

信頼性の高い二重染色 (マウスCD8とFoxP3)

何十年もの間、免疫組織化学染色 (IHC) は、細胞成分を生理的な条件下で可視化し、組織学的知見を得る強力な研究技法として...
Tamar A. 2019 年 9月 25 日 午前 3:15:00

フェノタイプを理解する:腫瘍浸潤免疫細胞のタイプと機能のガイド

がん免疫療法の広がりは急激に感じる人が多くいるようですが、実際は100年も前の免疫療法の父と呼ばれる...
Emily A. 2019 年 2月 06 日 午前 3:05:00

マルチプレックスIHCを解読する

近年、腫瘍微小環境における免疫チェックポイントタンパク質が盛んに研究...
Jen Z 2018 年 10月 10 日 午前 3:15:00

ビデオ:がん微小環境におけるマクロファージ研究の新展開

【マクロファージ可塑性に関する研究の傾向】予測バイオマーカーを探求する細胞の種類が増え続ける中、免疫腫瘍研究分野は...
Ken B 2018 年 9月 19 日 午前 3:15:00

多発性骨髄腫の治療標的として有望なMaturation Antigen (BCMA)

多発性骨髄腫 (Multiple Myeloma;MM) は、骨痛、貧血、腎不全、再発性感染などを特徴とする...
Amrik S. 2018 年 8月 08 日 午前 3:10:00

    関連する投稿

    Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink