CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

TIGITを標的とした免疫療法とT細胞の疲弊

固形がんの治療法は歴史的に、外科手術、化学療法または放射線治療、その他がんに特異的な...
Tamar A. 2021 年 2月 17 日 午前 3:00:00

リコンビナント抗体とは何か、そしてなぜ重要なのか?

リコンビナント抗体には、従来の抗体に比べ重要な利点がいくつかあります。これには...
Emma E 2020 年 7月 15 日 午前 3:00:00

サンプラーキットの背後にある科学

Cell Signaling Technology (CST) の抗体サンプラーキットの説明として、「様々な抗体です」といった答えが...
Chris S 2020 年 4月 29 日 午前 3:00:00

抗体の背景 - 開発を行った科学者へのインタビュー

弊社抗体の背後にある理念について疑問を持ったことがありますか?私たちが検証、特異性、感度、再現性について...
Chris S 2019 年 10月 16 日 午前 3:15:00

モノクローナル抗体、ポリクローナル抗体、リコンビナント抗体は、どのような組成の抗体なのでしょうか?

抗体を購入するときは、検討しなければならない要因が多数あります。例えば、自分の細胞または組織モデルで...
Anthony C 2019 年 1月 30 日 午前 3:10:00

Tech Tipsビデオ:ChIPにどれくらいの量の抗体を使用すべきですか?

CST Tech Tipsプレイリストに加わった新しいビデオをチェックしてください!今回のTechTipsでは...
Ken B 2018 年 11月 28 日 午前 3:15:00

複数の抗体を用いた蛍光染色

1回の実験で複数の抗体を使うことで、研究者は非常に有用な情報を得ることが...
Tara W 2017 年 9月 13 日 午前 3:00:00

あなたは考えたことがありますか?:リン酸化抗体の内情について

同定されていないシグナル伝達経路の探索は、以前は放射性標識を用いたリン酸部位イメージングによって...
Ken B 2017 年 7月 26 日 午前 3:20:00

免疫蛍光染色の成功のために:抗体の希釈と反応条件

免疫蛍光染色のの技法に関するシリーズ第4回です。検証、実験コントロール、および固定化/透過化に関するこれまでの投稿を...
Ken B 2017 年 5月 10 日 午前 3:01:00

免疫蛍光染色の成功のために:実験コントロール

 免疫蛍光染色4回シリーズ第2回目です。検証、固定処理と透過化処理に関する...
Ken B 2017 年 3月 08 日 午前 3:00:00

免疫蛍光染色の成功のために:検証の重要性

免疫蛍光染色4回シリーズの第1回目です。実験コントロールと固定処理と透過化処理に関する...
Ken B 2017 年 3月 01 日 午前 3:00:00

プロテオミクスをよりシンプルに-パート2

パート1では、質量分析をベースとするプロテオミクスについて概説しました。今回は、この方法を使い...
Claire S 2017 年 2月 08 日 午前 10:40:01

高濃度であれば抗体の性能が良いとはかぎらない理由

別の会社から一次抗体を購入されたら、商品の大きさはミリリットル当たりのマイクログラム (すなわち重さ) で表示されていることが多いことに...
Carolyn P 2016 年 12月 14 日 午前 3:00:00

次の免疫蛍光実験を開始する前に尋ねるべき3つの質問

特異性、一貫性、最適化されたアッセイ条件は、常に信頼性の高い免疫蛍光 (IF) 染色の結果を確保するために役立つ...
Liana G 2016 年 10月 19 日 午前 3:00:00

次の免疫蛍光実験を開始する前に尋ねるべき3つの質問

特異性、一貫性、最適化されたアッセイ条件は、常に信頼性の高い免疫蛍光 (IF) 染色の結果を確保するために役立つ...
Carolyn P 2016 年 9月 07 日 午前 3:00:00

抗体の検証に関する討論会

抗体検証に関する討論会:特異性 + 感度 + 再現性 = 検証  生物医学研究において、検証が...
Carolyn P 2016 年 2月 17 日 午前 3:00:00

プロテオミクスをよりシンプルに-パート3

パート1とパート2では、翻訳後修飾 (PTM) 研究に使うPTMScan®などの質量分析を基とするプロテオーム解析法を...
Claire S 2015 年 12月 09 日 午前 3:00:00

プロテオミクスをよりシンプルに-パート2

パート1では、質量分析をベースとするプロテオミクスについて概説しました。今回は、この方法を使い...
Claire S 2015 年 12月 02 日 午前 3:00:00

    関連する投稿

    Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink