CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

パイプラインを保護する:抗体の供給状況によって進歩を邪魔させない

コロナ禍では、多くの人が供給不足問題に遭遇しました。ウェブカメラからトイレットペーパーまで...
Josh N 2020 年 6月 17 日 午前 3:00:00

SARS-CoV-2危機の中での研究用抗体の特異性・再現性の重要性

新型コロナウイルスの危機に直面している現在、世界中の医療従事者と研究者がSARS-CoV-2の検査法の開発に...
Srikanth S 2020 年 5月 06 日 午後 3:38:00

抗体の検証における戦略:相補性戦略

抗体の検証においては、研究している抗原性の標的および使用しているアプリケーションに応じて相補的戦略を...
Katie C 2020 年 4月 08 日 午前 3:00:00

抗体の検証における戦略:異種戦略

タンパク質の発現が非常に低いか知られていない抗原標的の場合、抗体の検証には、組換えタンパク質または代替細胞株における外因性発現が...
Katie C 2020 年 4月 01 日 午前 3:00:00

抗体の検証における戦略:複数抗体戦略

複数抗体戦略は、強力な抗体検証方法です。これを行う最も一般的な...
Katie C 2020 年 3月 18 日 午前 3:00:00

抗体の検証における戦略:直交的戦略

抗体検証のための直交的戦略では、抗体ベースの結果を抗体ベースではない方法を用いて得られたデータに...
Katie C 2020 年 3月 04 日 午前 3:00:00

抗体の検証における戦略:レンジ戦略

バイナリー方法は、抗体特異性を評価するのにより適した方法の1つですが、バイナリーモデルは必ずしも...
Katie C 2020 年 2月 19 日 午前 3:15:00

抗体の検証における戦略:バイナリー戦略

バイナリーアプローチは、抗体の特異性を評価する最良の方法の1つです。生物学的に関連するポジティブ発現系とネガティブ発現系で抗体を...
Katie C 2020 年 1月 22 日 午前 3:00:00

抗体の検証における戦略:概要

抗体は科学研究のすべての段階をサポートする必須の試薬です。
Chris S 2020 年 1月 15 日 午前 3:00:00

抗体の背景 - 開発を行った科学者へのインタビュー

弊社抗体の背後にある理念について疑問を持ったことがありますか?私たちが検証、特異性、感度、再現性について...
Chris S 2019 年 10月 16 日 午前 3:15:00

モノクローナル抗体、ポリクローナル抗体、リコンビナント抗体は、どのような組成の抗体なのでしょうか?

抗体を購入するときは、検討しなければならない要因が多数あります。例えば、自分の細胞または組織モデルで...
Anthony C 2019 年 1月 30 日 午前 3:10:00

ChIP/ChIP-seqに関する通説を打破する:モノクローナル抗体 vs. ポリクローナル抗体

クロマチン免疫沈降「ChIP」アッセイを多数行っている研究者は、おそらくは皆さんの助言者でさえも、ポリクローナル抗体はモノクローナル抗体より...
Neha G and Ken B 2018 年 9月 26 日 午前 3:15:00

Antibody Validation 101

CSTの開発科学者ってどんなことをしてるの?と聞かれることがあります。それに対する私のいつもの答えは...
Susan K 2018 年 3月 07 日 午前 6:15:00

抗体カンパニー・オブ・ザ・イヤー (2018年)

私たちは科学者として、成功と失敗の両方から学びます。成功を得るためにはたくさんの失敗を経る必要が...
Chris S 2018 年 2月 07 日 午前 6:15:00

ウェビナー | 再現性の実現:抗体を実験の不確定要素にする必要はありません

科学的研究におけるツールとしての、抗体の重要性を軽視することはできません。にもかかわらず...
Chris S 2018 年 1月 10 日 午前 6:30:00

論文掲載に値するIF画像を得るための5つのステップ

画像には1,000の言葉、あるいは免疫蛍光イメージングの場合には1,000のタンパク質の価値が...
Tara W 2017 年 9月 06 日 午後 3:30:00

自動染色へ切り替えますか?CSTがサポートします

IHC実験を手動から自動装置に移行した経験のある方なら、このプロセスに手間がかかることを...
Chris G 2017 年 8月 30 日 午前 3:00:00

免疫蛍光染色の成功のために:実験コントロール

 免疫蛍光染色4回シリーズ第2回目です。検証、固定処理と透過化処理に関する...
Ken B 2017 年 3月 08 日 午前 3:00:00

    関連する投稿

    Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink