CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

Ken B

最近の投稿:

ビデオ:ChIPにおける酵素法とソニケーション法の選択

クロマチンの断片化は、クロマチン免疫沈降 (ChIP) 実験の重要なプロセスであり、ChIPの成功を...
Ken B 2019 年 11月 06 日 午前 3:00:00

Tech Tipsビデオ:ChIPにどれくらいの量の抗体を使用すべきですか?

CST Tech Tipsプレイリストに加わった新しいビデオをチェックしてください!今回のTechTipsでは...
Ken B 2018 年 11月 28 日 午前 3:15:00

ビデオ:がん微小環境におけるマクロファージ研究の新展開

【マクロファージ可塑性に関する研究の傾向】予測バイオマーカーを探求する細胞の種類が増え続ける中、免疫腫瘍研究分野は...
Ken B 2018 年 9月 19 日 午前 3:15:00

Tech Tipsビデオ:ウェスタンブロッティング (WB) でのウェスタンブロッティングのブロッキングタンパク質の選択

あなたは今ウェスタンブロット転写膜の3回のTBST洗浄の、1回目用に5分後にタイマーを...
Ken B 2018 年 9月 05 日 午前 3:00:00

よくある質問:シグナルパスウェイからキャリアパスウェイまで

毎年夏、CSTの大学生および高校生のインターンは、バイオテック企業で仕事の経験を積む機会を...
Ken B 2018 年 8月 15 日 午前 3:10:00

かつてあなたは:ローディングコントロールの設定が正しいかどうか考えたことがありますか?

ラボの進捗報告会あるいは学位論文発表会で発表するために、これまでの実験ノートからデータを...
Ken B 2017 年 11月 01 日 午前 3:00:00

あなたは考えたことがありますか?:リン酸化抗体の内情について

同定されていないシグナル伝達経路の探索は、以前は放射性標識を用いたリン酸部位イメージングによって...
Ken B 2017 年 7月 26 日 午前 3:20:00

免疫蛍光染色の成功のために:抗体の希釈と反応条件

免疫蛍光染色のの技法に関するシリーズ第4回です。検証、実験コントロール、および固定化/透過化に関するこれまでの投稿を...
Ken B 2017 年 5月 10 日 午前 3:01:00

Journal Club | Zikaウイルスは発達段階の神経組織においてAktシグナリングを抑制し、オートファジーをハイジャックする

Zikaウイルス (ZIKV) は、デング熱や黄熱病を引き起こすフラビウイルスと関係があり、蚊 (Ae. aegyptiおよびAe. albopictus) に...
Ken B 2017 年 3月 29 日 午前 3:00:00

免疫蛍光染色の成功のために:固定処理と透過化処理

免疫蛍光染色4回シリーズ第3回目です。検証の重要性と実験コントロールを...
Ken B 2017 年 3月 15 日 午前 3:00:00

免疫蛍光染色の成功のために:実験コントロール

 免疫蛍光染色4回シリーズ第2回目です。検証、固定処理と透過化処理に関する...
Ken B 2017 年 3月 08 日 午前 3:00:00

免疫蛍光染色の成功のために:検証の重要性

免疫蛍光染色4回シリーズの第1回目です。実験コントロールと固定処理と透過化処理に関する...
Ken B 2017 年 3月 01 日 午前 3:00:00

CSTより季節のご挨拶をお送りします!

クリスマスの季節は、伝統的には祝祭の合唱音楽、デコレートしたクッキー、さらに近年はあまりおしゃれとはいえない...
Ken B 2016 年 12月 21 日 午前 3:00:00

    関連する投稿

    Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink