CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

投稿一覧

免疫学:リンパ系細胞系譜の細胞とその同定

ヒトにおいて、造血幹細胞 (HSC: Hematopoietic stem cell) は一連の系統に制限された段階を経て、全てのタイプの血液細胞を継続的に補充しています。このプロセスは、リンパ系共通前駆細胞 (CLP: Common lymphoid progenitor) と骨髄系共通前駆細胞 (CMP: Common myeloid progenitor) の産生に始まり、その後、様々な刺激に応答してさらに分化が進行します。

骨髄系細胞系譜の細胞の詳細はこちらのブログをご覧ください。リンパ系細胞には、適応免疫に関与するT細胞やB細胞、自然免疫に関与するナチュラルキラー細胞 (NK細胞) などがあります。

 

様々なリンパ系細胞が健常状態や病態においてどのように機能するかを理解するために、不均一な細胞集団から特定の細胞サブタイプを検出して定量する必要があります。細胞タイプに特異的なマーカーに対する抗体を利用した、フローサイトメトリーや免疫組織化学染色 (IHC) などの手法で、目的の細胞を可視化することができます。一般的なマーカーは、CD (Cluster of differentiation) 分子、転写因子、ケモカイン受容体にクラス分けすることができます。

 

 

 

18-IMM-18284-Immune-Cell-Markers-Guides-HUMAN-PWHO-social-1200x628-edit

 

最終分化したリンパ系細胞は免疫応答において次のように様々な役割を果たします。

  • 細胞傷害性T細胞はT細胞受容体 (TCR) で特異的な抗原を認識すると、細胞傷害顆粒を放出して感染した細胞や悪性腫瘍細胞を殺傷します。また、細胞傷害性T細胞は長期間生存する記憶細胞を形成することができます。
  • ヘルパーT (Th) 細胞もTCRで抗原を認識することで活性化され、サイトカインの分泌や細胞表面に発現する免疫調節受容体を介してほかの細胞の機能に影響を及ぼし、免疫応答を調整します。ヘルパーT細胞も長期間生存する記憶細胞を形成することができます。
  • B細胞は抗体を発現する細胞で、標的となる抗原に遭遇すると急速にクローンを拡張し、短命な形質細胞と持続的なメモリーB細胞を形成します。
  • NK細胞は感染した細胞や悪性腫瘍細胞を殺傷します。感染した細胞や形質転換した細胞が発現するリガンドに結合する活性化受容体からのシグナルと、MHC I分子に結合する抑制受容体からのシグナルのバランスによって、細胞傷害活性が制御されます。

リンパ系細胞の種類

リンパ系細胞の大まかな小分類 (サブセット) は1 - 2種のマーカーを利用することで識別することができますが、それぞれのサブセットの中で特定のタイプの細胞を同定する場合、多くは特定のマーカー群を検出する必要があります。例えば、全てのT細胞はCD3を発現しますが、細胞傷害性T細胞とヘルパーT細胞に分化すると、それぞれCD8とCD4を発現します。ヘルパーT細胞は、T-BetとIFNγを発現するTh1細胞、GATA-3とIL-4が陽性染色されるTh2細胞、RORγtとIL-17の両方を発現するTh17という様に、さらなるマーカーによってより細かく分類することができます。このほかにもヘルパーT細胞の主要なサブタイプには、FoxP3とCD25を発現する制御性T細胞 (Treg) や、Bcl-6、CXCR5、IL-21を発現する濾胞ヘルパーT細胞 (Tfh) があります。

B細胞もT細胞と同様、1種のマーカー (この場合はCD19) を利用することで識別することができます。しかし、ナイーブB細胞、プラズマ細胞、メモリーB細胞を区別するには、やはり異なるマーカーの組み合わせを検出する必要があります。ナイーブB細胞はIgD陽性でCD27陰性であるのに対し、形質細胞はBCMAまたはCD138のいずれかを利用して識別します。メモリーB細胞はクラススイッチの前後でIgDとCD27の発現が異なり、クラススイッチを受けた細胞はIgD- CD27+、受けていない細胞はIgD+ CD27+となります。NK細胞もメモリーB細胞と同様、細胞の機能によってマーカーの発現に違いがみられます。

免疫細胞マーカーガイドで、フローサイトメトリーやIHCに最適化された、免疫細胞の主要な細胞や機能状態のマーカーをご覧いただけます。

 

関連する投稿

膵臓がん:がん微小環境 (TME) における新たなドライバーの標的化

  膵臓がんは治療が難しく、早期診断が困難ながんです。膵臓は身体の奥深くにあるため…
Andrea T 2022 年 4月 27 日 午前 3:00:00

CSTは1% for the Planetに参加しています

弊社の設立者でありCEOを務めるMichael Combは、研究用抗体の製造事業を始めるずっと前から、自然を愛し...
Chris S 2022 年 4月 19 日 午前 3:00:00

フローサイトメトリー実験における蛍光色素の組み合わせ

フローサイトメトリーでは、細胞ごとに複数の項目を検出して定量することができ、調査対象の実験系で多次元的な...
Rob M 2022 年 4月 13 日 午前 3:00:00
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink