CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

投稿一覧

抗体の検証における戦略:概要

抗体は科学研究のすべての段階をサポートする必須の試薬です。標的の生体分子を特異的に同定、定量、および単離するのに多数のアプリケーションで使用され、近年叫ばれている再現性の危機への貢献では集中的な精査の中心になっています。

抗体検証における戦略の概要:

実験結果の多くが再現されない理由の1つに十分に特徴付けられていない抗体があるという認識が高まるにつれて、研究者は抗体メーカーがますます厳格な社内検証を実施することを期待しています。

Cell Signaling Technology (CST) は、抗体の有効性を判断できる単一のアッセイは存在しないことを理解しています。免疫試薬が十分に特異的かつ高感度であることの確認は、使用するアプリケーションとプロトコール、解析するサンプルの種類と品質、および抗体自体に固有の生物物理学的な特性に依存しています。CSTの抗体が実験にて機能することを保証するために、弊社は任意のアッセイにおいて抗体の機能性、特異性、および感度を決定するのに使用できる6つの補完的な戦略Hallmarks of Antibody Validation™ (抗体の検証における戦略) を遵守しています。CSTは、抗体メーカーとしての何十年間もの経験と、再現性のある科学への専心に基づき、Uhlenら (“A Proposal for Validation of Antibodies.”Nature Methods (2016)) の研究を適応してHallmarks of Antibody Validation (抗体検証における戦略) を構築しました。これらは以下を含みます:

  • バイナリー戦略
  • レンジ戦略
  • 直交的戦略
  • 複数抗体戦略
  • 異所性発現戦略
  • 相補性戦略

CSTは、各製品に適用する検証戦略の組み合わせを注意深く整えることによって抗体を保証します。すなわち、標的の生物学的な機能に応じて検証プロセスを調整し、下流のアッセイに必要な感度、適切な試験モデルが利用可能であるかどうか、標的を解析するそれぞれの方法の関連性を考慮しながら検証を行っています。

このシリーズの目的は、抗体の検証における戦略を概観することであり、CSTのアプローチが実験の再現性を成し遂げる実現可能なソリューションの一部となる理由を説明します。

それぞれの手法の詳細については、しばらくお待ちいただくか、Cell Pressと共同で作成した「抗体の検証における戦略ガイド」をお読みください

関連する投稿

ニューロンのマーカーとグリア細胞のマーカーの役割

中枢神経系 (CNS) は高度に特殊化された細胞で構成されており、それぞれが感覚および運動入力の処理において重要な役割を...
Chris S 2021 年 4月 14 日 午前 3:00:00

細胞死のメカニズム:パイロトーシス

ネクローシス性細胞死による細胞破壊のプロセスには、よく知られているものと、近年見つかった...
Gary K. 2021 年 4月 07 日 午前 3:00:00

COVID-19の感染拡大:科学と常識の重要性

たとえ科学の最先端を行く企業であったとしても、当社社員をはじめ世界中の多くの人々が
Chris S 2021 年 3月 31 日 午前 3:00:00
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink