CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

John B

最近の投稿:

免疫蛍光染色でS6 Ribosomal Protein (5G10) Rabbit mAbを活用する

CSTの研究室で使用頻度が高く、ストックを大量に保管している抗体があります。それはS6 Ribosomal Protein (5G10) Rabbit mAb #2217で...
John B 2021 年 1月 27 日 午前 3:00:00

    関連する投稿

    Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink