CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

免疫蛍光染色でS6 Ribosomal Protein (5G10) Rabbit mAbを活用する

CSTの研究室で使用頻度が高く、ストックを大量に保管している抗体があります。それはS6 Ribosomal Protein (5G10) Rabbit mAb #2217で...
John B 2021 年 1月 27 日 午前 3:00:00

顕微鏡愛好家の視点から見た組織の透明化

生物学的な画像データは、実験の複雑さとデータセットの豊富さから大きな可能性を...
Ginny B. 2019 年 10月 30 日 午前 3:00:00

複数の抗体を用いた蛍光染色

1回の実験で複数の抗体を使うことで、研究者は非常に有用な情報を得ることが...
Tara W 2017 年 9月 13 日 午前 3:00:00

論文掲載に値するIF画像を得るための5つのステップ

画像には1,000の言葉、あるいは免疫蛍光イメージングの場合には1,000のタンパク質の価値が...
Tara W 2017 年 9月 06 日 午後 3:30:00

免疫蛍光染色の成功のために:抗体の希釈と反応条件

免疫蛍光染色のの技法に関するシリーズ第4回です。検証、実験コントロール、および固定化/透過化に関するこれまでの投稿を...
Ken B 2017 年 5月 10 日 午前 3:01:00

免疫蛍光染色の成功のために:固定処理と透過化処理

免疫蛍光染色4回シリーズ第3回目です。検証の重要性と実験コントロールを...
Ken B 2017 年 3月 15 日 午前 3:00:00

免疫蛍光染色の成功のために:実験コントロール

 免疫蛍光染色4回シリーズ第2回目です。検証、固定処理と透過化処理に関する...
Ken B 2017 年 3月 08 日 午前 3:00:00

免疫蛍光染色の成功のために:検証の重要性

免疫蛍光染色4回シリーズの第1回目です。実験コントロールと固定処理と透過化処理に関する...
Ken B 2017 年 3月 01 日 午前 3:00:00

次の免疫蛍光実験を開始する前に尋ねるべき3つの質問

特異性、一貫性、最適化されたアッセイ条件は、常に信頼性の高い免疫蛍光 (IF) 染色の結果を確保するために役立つ...
Liana G 2016 年 10月 19 日 午前 3:00:00

次の免疫蛍光実験を開始する前に尋ねるべき3つの質問

特異性、一貫性、最適化されたアッセイ条件は、常に信頼性の高い免疫蛍光 (IF) 染色の結果を確保するために役立つ...
Carolyn P 2016 年 9月 07 日 午前 3:00:00

論文掲載に値するIF画像を得るための5つのステップ

画像には1,000の言葉、あるいは免疫蛍光イメージングの場合には1,000のタンパク質の価値が...
Tara W 2015 年 9月 23 日 午前 8:00:00

    関連する投稿

    Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink