CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

ビデオ:ChIPにおける酵素法とソニケーション法の選択

クロマチンの断片化は、クロマチン免疫沈降 (ChIP) 実験の重要なプロセスであり、ChIPの成功を...
Ken B 2019 年 11月 06 日 午前 3:00:00

Tech Tipsビデオ:ChIPにどれくらいの量の抗体を使用すべきですか?

CST Tech Tipsプレイリストに加わった新しいビデオをチェックしてください!今回のTechTipsでは...
Ken B 2018 年 11月 28 日 午前 3:15:00

Tech Tipsビデオ:ウェスタンブロッティング (WB) でのウェスタンブロッティングのブロッキングタンパク質の選択

あなたは今ウェスタンブロット転写膜の3回のTBST洗浄の、1回目用に5分後にタイマーを...
Ken B 2018 年 9月 05 日 午前 3:00:00

Phospho-Flowの習得:ウェビナー | Mastering Phospho-Flow: Immune Cell Activation

免疫細胞の活性化の解析には、細胞表面マーカーによる表現型解析と組み合わせたリン酸化特異的抗体による細胞内シグナル伝達の測定が...
Chris S 2018 年 7月 11 日 午前 3:15:00

解析したいタンパク質の転写方法はお決まりですか?ウェット式 vs. セミドライ式

 あなたは今「お気に入りのタンパク質」を特定するために、ウェスタンブロットを走らせようとしているところです。ライセート中の...
Neha G 2018 年 4月 18 日 午前 3:15:00

ChIPを諦めないで!

そうすれば実験とデータが、進むべき道に導いてくれます。解析中のタンパク質が遺伝子制御に関わっていることを...
Curtis D 2018 年 1月 31 日 午前 6:00:00

かつてあなたは:ローディングコントロールの設定が正しいかどうか考えたことがありますか?

ラボの進捗報告会あるいは学位論文発表会で発表するために、これまでの実験ノートからデータを...
Ken B 2017 年 11月 01 日 午前 3:00:00

複数の抗体を用いた蛍光染色

1回の実験で複数の抗体を使うことで、研究者は非常に有用な情報を得ることが...
Tara W 2017 年 9月 13 日 午前 3:00:00

論文掲載に値するIF画像を得るための5つのステップ

画像には1,000の言葉、あるいは免疫蛍光イメージングの場合には1,000のタンパク質の価値が...
Tara W 2017 年 9月 06 日 午後 3:30:00

自動染色へ切り替えますか?CSTがサポートします

IHC実験を手動から自動装置に移行した経験のある方なら、このプロセスに手間がかかることを...
Chris G 2017 年 8月 30 日 午前 3:00:00

作動中の細胞内フローサイトメトリー

フローサイトメトリーは伝統的に、細胞外または表面マーカーの発現に基づいて、不均一な細胞プール内で特定の細胞種を...
Liana G 2017 年 8月 09 日 午前 9:45:00

免疫組織化学染色を成功させる4つのステップ:ステップ2、ステップ3、ステップ4

これは、お使いのIHCプロトコールの最適化方法に関する2回シリーズの第2回です。パート1では...
Carolyn P 2017 年 5月 31 日 午前 3:00:00

免疫組織化学染色を成功させる4つのステップ:ステップ1 - 抗原賦活

金曜日の夜です。あなたは、顕微鏡でいっぱいの暗く小さな部屋にこもっています。友達と出かけることも...
Carolyn P 2017 年 5月 24 日 午前 3:00:00

免疫蛍光染色の成功のために:抗体の希釈と反応条件

免疫蛍光染色のの技法に関するシリーズ第4回です。検証、実験コントロール、および固定化/透過化に関するこれまでの投稿を...
Ken B 2017 年 5月 10 日 午前 3:01:00

免疫蛍光染色の成功のために:固定処理と透過化処理

免疫蛍光染色4回シリーズ第3回目です。検証の重要性と実験コントロールを...
Ken B 2017 年 3月 15 日 午前 3:00:00

免疫蛍光染色の成功のために:実験コントロール

 免疫蛍光染色4回シリーズ第2回目です。検証、固定処理と透過化処理に関する...
Ken B 2017 年 3月 08 日 午前 3:00:00

免疫蛍光染色の成功のために:検証の重要性

免疫蛍光染色4回シリーズの第1回目です。実験コントロールと固定処理と透過化処理に関する...
Ken B 2017 年 3月 01 日 午前 3:00:00

次の免疫蛍光実験を開始する前に尋ねるべき3つの質問

特異性、一貫性、最適化されたアッセイ条件は、常に信頼性の高い免疫蛍光 (IF) 染色の結果を確保するために役立つ...
Liana G 2016 年 10月 19 日 午前 3:00:00

    関連する投稿

    Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink