CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

黒色腫:シグナル伝達経路の異常と治療へのアプローチ

皮膚がんには主に、基底細胞がん、扁平上皮がん、黒色腫 (メラノーマ) の3種類が...
Andrea T 2022 年 3月 30 日 午前 3:00:00

前立腺がん治療の最先端アプローチ

男性の約8人に1人が前立腺がんと診断されますが、これは米国男性のがん関連死亡者数で2番目に多い...
Andrea T 2022 年 2月 23 日 午前 3:00:00

Covid研究におけるISG15の重要性

歴史的に、ISG15タンパク質の研究は精力的には行われてきませんでした。ISG15は細胞外でサイトカインとして機能し...
Francesco P 2022 年 2月 09 日 午前 3:00:00

TIGITを標的とした免疫療法とT細胞の疲弊

固形がんの治療法は歴史的に、外科手術、化学療法または放射線治療、その他がんに特異的な...
Tamar A. 2021 年 2月 17 日 午前 3:00:00

COVID-19に打ち勝つための研究者向けツール

SARS-CoV-2 (重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2型、以前の呼び名はnCoV) に早急に打ち勝ち...
Maxine M 2020 年 2月 26 日 午前 3:15:00

多発性骨髄腫の治療標的として有望なMaturation Antigen (BCMA)

多発性骨髄腫 (Multiple Myeloma;MM) は、骨痛、貧血、腎不全、再発性感染などを特徴とする...
Amrik S. 2018 年 8月 08 日 午前 3:10:00

未だ暗闇の中:答えを待ち望む加齢黄斑変性患者

D先生の2年生の英語のクラスでは、タブーやオフリミットのトピックはほとんどありませんでした。クラスのプロジェクトでさえも...
Chris S 2018 年 4月 11 日 午前 3:15:00

GPNMB: トリプルネガティブ乳がんに対する免疫療法の有望な標的

ここ数年、免疫腫瘍学の分野ではいくつかのブレイクスルーが起きています。体の免疫系を利用して...
Amrik S. 2018 年 4月 04 日 午前 3:00:00

免疫学:天然の抗腫瘍免疫を機能させる:パートI

今年AACR、AAI、またはASCOに出席された方、免疫細胞を基にするがん治療法が物議を...
Liana G 2016 年 1月 27 日 午前 3:00:00
    コンテンツが見つかりません

    関連する投稿

    Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink