CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

2種の染色のお話:Ponceau SとCoomassie Blue

ウェスタンブロッティングの全行程を終えた後、予想される位置にバンドがみられない場合、抗体のトラブルシューティングが必要なこともありますが...
Caroline J and Misbah K 2020 年 12月 09 日 午前 3:00:00

マウス組織ローディングコントロール

マウス組織サンプルでは、ローディングコントロールタンパク質のすべてが同等に発現することはありません。例えば... 
Supriya S 2020 年 6月 24 日 午前 3:00:00

かつてあなたは:ローディングコントロールの設定が正しいかどうか考えたことがありますか?

ラボの進捗報告会あるいは学位論文発表会で発表するために、これまでの実験ノートからデータを...
Ken B 2017 年 11月 01 日 午前 3:00:00

複数の抗体を用いた蛍光染色

1回の実験で複数の抗体を使うことで、研究者は非常に有用な情報を得ることが...
Tara W 2017 年 9月 13 日 午前 3:00:00

免疫組織化学染色を成功させる4つのステップ:ステップ1 - 抗原賦活

金曜日の夜です。あなたは、顕微鏡でいっぱいの暗く小さな部屋にこもっています。友達と出かけることも...
Carolyn P 2017 年 5月 24 日 午前 3:00:00

免疫組織化学染色を成功させる4つのステップ:ステップ1 - 抗原賦活

金曜日の夜です。あなたは、顕微鏡でいっぱいの暗く小さな部屋にこもっています。友達と出かけることも...
Carolyn P 2015 年 7月 08 日 午前 7:00:00

    関連する投稿

    Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink