CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

がんの特性:ゲノムの不安定性と変異

すべてのがん細胞が等しいわけではなく、それらは変異の蓄積によって引き起こされる選択圧に応答して...
Chris S 2019 年 8月 28 日 午前 3:10:00

2018年のノーベル賞は免疫療法のパイオニアに

今週初め、James Allison博士と本庶佑博士が、免疫療法とチェックポイント免疫制御の分野で2018年ノーベル生理学・医学賞を...
Cell Signaling Technology 2018 年 10月 03 日 午前 3:00:00

GPNMB: トリプルネガティブ乳がんに対する免疫療法の有望な標的

ここ数年、免疫腫瘍学の分野ではいくつかのブレイクスルーが起きています。体の免疫系を利用して...
Amrik S. 2018 年 4月 04 日 午前 3:00:00

免疫学:天然の抗腫瘍免疫を機能させる:パートI

抗腫瘍療法としての免疫療法が、ここ数年徐々に注目を浴びるようになって...
Liana G 2017 年 12月 06 日 午前 6:15:00

ウェビナー | がんの重要なシグナル伝達経路:免疫代謝の最新の動向

  免疫細胞は、病原体に対する免疫応答を発しているとき、例えば創傷治癒応答が開始されたときなどに急速に...
Carolyn P 2017 年 3月 22 日 午前 7:00:00

ウェビナー | がんを解読する:がんにおけるゲノムの不安定性

  DNA損傷ががんのリスクを高めることはよく分かっているもののエピゲノムやクロマチン構造の変化も...
Carolyn P 2016 年 11月 30 日 午前 3:00:00

ウェビナー | がん経路の標的として免疫チェックポイントを理解する

  このウェビナーでは、各演者が、がんがどのように免疫調節機構を利用して自ら免疫抑制微小環境を作り出し...
Carolyn P 2016 年 8月 17 日 午前 3:00:00

マルチプレックス免疫組織化学染色 (mIHC)

新規ラビットモノクローナル抗体およびマルチプレックスIHCを用いた乳がんおよび卵巣がんにおける免疫チェックポイントコントロールタンパク質共発現の解析...
Liana G 2016 年 6月 08 日 午前 3:00:00

ウェビナー | がん経路の標的として免疫チェックポイントを理解する

このウェビナーでは、各演者が、がんがどのように免疫調節機構を利用して自ら免疫抑制微小環境を作り出し...
Carolyn P 2016 年 2月 03 日 午前 3:00:00

免疫学:天然の抗腫瘍免疫を機能させる:パートI

今年AACR、AAI、またはASCOに出席された方、免疫細胞を基にするがん治療法が物議を...
Liana G 2016 年 1月 27 日 午前 3:00:00

マルチプレックス免疫組織化学染色 (mIHC)

新規ラビットモノクローナル抗体およびマルチプレックスIHCを用いた乳がんおよび卵巣がんにおける免疫チェックポイントコントロールタンパク質共発現の解析...
Liana G 2016 年 1月 13 日 午前 3:00:00

ポスター | 腫瘍免疫学:微小環境を調べる

免疫システムは、「自己」と「非自己」を区別する役目を担っています。腫瘍は、多数の変異を受けた結果として...
Liana G 2015 年 10月 21 日 午前 5:30:00

免疫学:天然の抗腫瘍免疫を機能させる:パートII

前回のブログでは、急速に伸びているがん免疫療法の人気と、それが悪性腫瘍を根絶するために...
Liana G 2015 年 9月 09 日 午前 8:00:00

免疫学:天然の抗腫瘍免疫を機能させる:パートI

今年AACR、AAI、またはASCOに出席された方、免疫細胞を基にするがん治療法が物議を...
Liana G 2015 年 9月 02 日 午前 9:31:00

    関連する投稿

    Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink