CSTブログ: Lab Expectations

Cell Signaling Technology® (CST) の公式ブログでは、実験台に向かう時間に期待すること、ヒント、コツ、情報などを紹介しています。

B細胞の基本:  疾患研究者が知っておくべきこと

B細胞受容体 (BCR) 下流の細胞内シグナル伝達ネットワークの活性変化は、B細胞の形質の変化の...
Tamar A. 2020 年 11月 18 日 午前 3:15:00

T細胞の基本:疾患研究者が知っておくべきこと

T細胞は高度に専門化されたリンパ球で、適応免疫応答の細胞性免疫において重要な...
Tamar A. 2020 年 11月 11 日 午前 3:00:00

COVID-19と線維症:急性呼吸器症状の後にも持続する長期的損傷

執筆時点で、COVID-19の原因となるSARS-CoV-2ウイルスは、世界中で2800万人以上に感染しており、約100万人の死者を出しています...
Tony W 2020 年 11月 04 日 午前 3:00:00

ウイルス感染におけるオートファジーと小胞体ストレスの役割

ウイルス感染時の小胞体ストレスとオートファジーの制御は、ウイルスと宿主の生存のバランスを保つための...
Gary K. 2020 年 10月 28 日 午前 3:00:00

ウイルス感染における細胞死の役割

ウイルス感染時の細胞死の制御は、ウイルスと宿主の生存のバランスを保つための重要な...
Gary K. 2020 年 10月 21 日 午前 3:15:00

細胞プロセス:細胞老化の検出に使用できるマーカー

細胞老化は、細胞が永続的に増殖を停止した状態で、様々な環境因子 (電離放射線、化学療法薬、酸化ストレス、DNA損傷、ミトコンドリアの機能障害、がん遺伝子の活性化など) によって...
Tamar A. 2020 年 10月 14 日 午前 3:00:00

細胞プロセス:疾患における細胞老化の役割

細胞老化は、細胞が増殖を止め、細胞周期を不可逆的に停止する現象です。これは発生や...
Tamar A. 2020 年 10月 07 日 午前 3:00:00

よりシンプルな多能性幹細胞の検証

試薬の検証と実験の再現性は、全ての科学的専門分野の研究を進めるために極めて...
Harald M and Chris S 2020 年 9月 30 日 午前 3:00:00

Seeding Labsは古い研究室機器に第二の生涯を与える

CSTは常に温室効果ガスの排出量を削減する方法を模索し、研究活動による環境への被害を抑えるように...
Chris S 2020 年 9月 23 日 午前 3:00:00

細胞プロセス:テロメアは細胞老化においてどのような役割を果たしているのか?

細胞老化とは、細胞が代謝的な活性を保持したまま細胞周期から不可逆的に離脱し、増殖刺激への応答性を失った状態を...
Tamar A. 2020 年 9月 16 日 午前 3:00:00

細胞プロセス:テロメアは細胞老化においてどのような役割を果たしているのか?

細胞分裂の停止および細胞周期からの永久的な離脱である細胞老化は、胚形成、増殖と発生、組織のリモデリング、および創傷治癒において...
Tamar A. 2020 年 9月 09 日 午前 3:00:00

ライセートの処理に推奨されるベストプラクティス

細胞ライセートの調製は、抗体を使用してタンパク質の発現を特徴付ける技術など、様々なアッセイを...
Michelle G 2020 年 9月 02 日 午前 3:00:00

細胞プロセス:細胞老化に関連するのはどのシグナル伝達経路でしょうか?

細胞老化とは、多様な細胞ストレッサーへの応答としての増殖の不可逆な...
Tamar A. 2020 年 8月 26 日 午前 3:00:00

PI3K/Aktシグナル伝達は痛いところを突いてくる

細胞がリガンドや栄養素などの外部のシグナルを認識し、急速に変化する環境に適切に応答する能力には...
Srikanth S 2020 年 8月 19 日 午前 3:00:00

細胞プロセス:細胞老化とは何か?

細胞老化とは、細胞が代謝的に活発であるのに分割が止まり、増殖促進刺激に反応しない、細胞周期を...
Tamar A. 2020 年 8月 12 日 午前 3:00:00

組換えタンパク質は新型コロナウイルスSARS-CoV-2の研究にどのように役立つのでしょうか?

コロナウイルスは長期間に渡りヒトの集団全体に蔓延し続けてきましたが、その研究は、ヒトの健康に大きな影響を及ぼす...
Tamar A. 2020 年 8月 05 日 午前 3:15:00

免疫学:適応免疫系はどのように機能するか?

ヒトはある疾患に対する免疫をどのように発達させるのか、考えたことはありますか?この重要な質問は...
April L 2020 年 7月 29 日 午前 3:00:00

さまざまなマルチプレックス技法の利点と欠点

マルチプレックス免疫組織化学染色 (mIHC) とマルチプレックス免疫蛍光染色 (mIF) は、組織サンプル内の異なる細胞の種類を特定し局在を調べるために広く利用されています...
Emma E 2020 年 7月 22 日 午前 3:00:00

    関連する投稿

    Powered by Translations.com GlobalLink OneLink SoftwarePowered By OneLink